FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

このページ内の記事タイトルリスト

2021年4月10日(土)

余呉トレイル:妙理山(901.5m)

山仲間と、滋賀県の余呉湖周辺の山(余呉トレイルと呼ばれている)にある「妙理山」へ山行する。
myourisamap.gif
(地理院地図)

myourisan.png

【天気】 快晴微風


【コースタイム】
六所神社(7:52)~ブナの大木(8:55)~東妙理山(10:05)~妙理山(10:53/11:40)~東妙理山(12:22/12:26)~六所神社(13:53)



移動性高気圧にすっぽりと覆われて空気が澄み、風もない絶好の登山日和である。
妙理山は「下谷山」とも言われ、高時川沿いの大黒山、安蔵山、妙理山は「高時三山」と呼ばれている。
あまり人が入らない山域なので踏み後も薄く、藪や倒木が多いため雪のある時の方が歩きやすい山である。
数年前に大黒山に登ったので、今回は妙理山に登ることにする。
朝6時前に出発し、名神道を走って関ヶ原ICを出る。
木之本から余呉湖東のR365を走り、途中から右折れして高時川沿いに走る。
菅並集落のはずれの「妙理の里」へ行くも、駐車場はキャンプ客など専用となっており駐車を遠慮する。
少し戻って橋を渡った所にある六所神社横の駐車場へ止める。
IMG_5201.jpg

7:52、準備をして出発する。
妙理山は案内標識などまったくない山なので、まずは登り口がどこにあるのか探す。
神社を過ぎて少し行った左手に赤テープがあり、そこから尾根に取り付く。
IMG_5165.jpg

時々ある先行者の付けたテープを頼りに薄い踏み跡の道を辿る。
赤い椿の花が多い溝状の道を登っていく。
IMG_5199_20210411074851f5f.jpg

落ち葉が積もって滑りやすいほとんど直登ぎみの道を200mほど急登する。
1時間近くかかり、やっと少しゆるやかになってくると、ブナの大木が現われ、明るい尾根上に出る。
IMG_5166.jpg

新緑の木々の間からは以前登った墓谷山が見え隠れする。
IMG_5168.jpg

さらに登っていくと、数年前の台風の被害を受けて道には倒木が多く横たわり歩きにくい。
IMG_5170.jpg

倒木でふさがれた道を迂回しながら行くため予想以上に時間がかかる。
IMG_5198.jpg

倒れた木のトンネルをくぐっていく箇所もある。
IMG_5169.jpg

倒木帯を抜けると、遠くに湖北の名山「横山岳」が見えてくる。
IMG_5171.jpg

所々に白いタムシバの花が咲いており、青空をバックに美しい。
IMG_5177.jpg

よく見ると、足元にはイワウチワの花も咲いている。
IMG_5173.jpg

2時間以上かかり、10:05、やっと東妙理山山頂に着く。
山頂には何も標識はなく、三等三角点があるだけである。
IMG_5181.jpg

東妙理山を過ぎたあたりからは素晴らしいブナの林が続く気持ちのいい尾根を歩いていく。
まだ少し芽吹きには早いようだ。
東妙理山からは少し道がはっきりしてくる。
IMG_5183.jpg

小さなピークを越えて妙理山が近づいてくると、北側斜面にはまだ雪が少し残っている。
IMG_5185.jpg

冬の大量の積雪の重みで複雑に折れ曲がったブナの木も現れる。
IMG_5186.jpg

山頂直下の尾根上にはイワウチワが多くあるが、まだちょっと早いようで少ししか咲いていない。
IMG_5194_20210411074505505.jpg

登り始めてから3時間ほどかかり、10:53、三等三角点の建つ妙理山山頂に着く。
IMG_5192_20210411074451ae8.jpg

小さな標識が木にぶら下がっているだけである。
IMG_5187.jpg

山頂からは、目を凝らしてよく見ると北方に敦賀湾も見える。
風もない明るい山頂で昼食を食べてゆっくりと休憩する。
IMG_5191_1.jpg

休憩後、11:40、登ってきた道を下山にかかる。
下りの道から南を見ると、木々の間から余呉湖が少し見えている。
IMG_5193.jpg

気持ちのいいブナ林の尾根道をのんびりと下っていく。
IMG_5196_20210411074413e5d.jpg

北には近くの安蔵岳や、遠くには余呉トレイル最北端の上谷山などが見え隠れする。
IMG_5195.jpg

倒木がふさいでいる所では時々道を外してしまう。
最後の激下りの坂では落ち葉に滑らないように注意しながら下る。
IMG_5200.jpg

2時間少しかかり、13:53、六所神社の駐車場へ下り立つ。

関ヶ原ICから名神道を走り、午後4時過ぎ名古屋へ帰る。



以前から一度登ってみたいと思っていた妙理山へやっと登ることが出来た。
余呉トレイルの山々は、まだあまり開発されていない山が多く、歩いていてもほとんど人と会うこともない。
道標もほとんどなく、地形図で道を確かめながら歩かないといけない私の好きな山が多い。
今日も途中で誰とも会うこともなく、木々の芽吹きが美しい春の山を堪能出来た山行であった。
山遊人


    posted at 00:01 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2021年4月8日(木)

御坂山地:毛無山(1500m)・十二ヶ岳(1683m)


山梨県の西湖北にある毛無山と十二ヶ岳へ、山仲間3人と一緒に山行する。
juunigatakemap.gif
(地理院地図)

juunigatake.png

【天気】 晴れ


【コースタイム】
西湖東駐車場(9:40)~ミネ山三角点(10:28/10:33)~毛無山(11:15/11:35)~十一ヶ岳(12:40/12:45)~吊り橋(13:00)~十二ヶ岳(13:30/14:00)~桑留尾分岐(15:05)~西湖東駐車場(15:32)



午後遅くにはやや不安定になるが、高気圧に覆われていい天気の予報が出ている。
今日の山行は、富士山を仰ぎ見ながら変化に富んだ稜線歩きを楽しむことが目的で計画した。
朝6時過ぎ名古屋を出発し、湾岸道、新東名道を走り、新富士ICを出る。
途中の西湖畔からは、山頂近くにやや雲がかかっているが、雄大に聳える富士山が見える。
湖畔の道路沿いの桜がちょうど満開で美しい。
富士宮市を抜け、西湖東の駐車場に午前9時半ごろに着く。
15,6台は止められそうな駐車場には、地元の人の車が2台止まっているだけである。
準備をして、9:40、毛無山に向けて出発する。
IMG_2728.jpg

15分ほどで、文化洞トンネルの方から上がってくる道と合流して尾根道に乗る。
結構急なジグザグの尾根道を50分ほど上がり、10:28、四等三角点ミネ山に着き休憩する。
IMG_2730.jpg

さらに尾根道を上がり、長浜から登ってくる道を合わせ、11:15、展望のいい毛無山山頂に着く。
IMG_2736.jpg

南側が開けた山頂からは、眼下の河口湖の上に残雪を頂いた富士山が聳えているのが望まれる。
IMG_2740_20210409104334202.jpg

IMG_2738_20210409104333860.jpg

つがいの春の蝶が盛んに舞っている。
IMG_2741_20210409104336c08.jpg

昼近くなったので、山頂で軽く食事を摂る。
休憩後、十二ヶ岳に向けて西に連なる尾根道をいく。
一ヶ岳から順番に小ピークが続く道をアップダウンを繰り返しながら行く。
IMG_2743_20210409104320bc2.jpg

IMG_2744_20210409104315ddc.jpg

ロープが架けられた岩場の道が続き、思ったより時間がかかる。
途中では所々で富士山を望むことが出来る。
IMG_2745.jpg

富士山の展望のいい六ヶ岳で少し休憩する。
IMG_2748_20210409104318f85.jpg

11:40、十一ヶ岳に着き、今日のハイライト箇所の吊り橋に備える。
IMG_2749_20210409104218ddd.jpg

十一ヶ岳から吊り橋まで急な岩場をロープを頼りに下っていく。
IMG_2751_202104091042150a7.jpg

十二ヶ岳との間の谷に架けられた吊り橋は一人ずつしか渡ることが出来ない。
グラグラと揺れるスリルのある吊り橋を慎重に渡る。
IMG_2752_20210409104217f4c.jpg

無事吊り橋を渡り終えると、今度はほぼ垂直に近い岩場の道を30分ぐらいかかって喘ぎながら登る。
13:30、やっと赤い屋根の小さな祠の建つ十二ヶ岳山頂に立つ。
IMG_2754_20210409104149bcb.jpg

山頂からは西湖と長く裾野を引いた雄大な富士山が眼前に眺められる。
IMG_2762_20210409104146bce.jpg

IMG_2763.jpg

我々だけしかいない狭い山頂で富士山を仰ぎ見ながらゆっくりと休憩する。
IMG_2759_20210409104151fda.jpg

14:00、眺望を堪能した後下山にかかる。
帰りは、随所にロープが架かる急な道を桑留尾へと下っていく。
1時間ほど尾根道を下り、途中から左へ折れて駐車場への山腹の道を行く。
30分ほど歩き集落の中の道へ出て、15:32、駐車場へ戻ってくる。

帰りの朝霧高原のあたりでは、夕陽を浴びて赤くなり始めた富士山を見ることが出来る。
IMG_2764.jpg



今日は富士山を仰ぎながら毛無山から十二ヶ岳へと続く変化に富んだ尾根道を歩いた。
やや雲が出ていたが、残雪の富士山を一日中見ることが出来た山行であった。
毛無山と十二ヶ岳との間の尾根道は、予想していたよりも厳しく、特に最後の十二ヶ岳山頂までの急登では久々にバテ気味になってしまった。
富士山を巡る周囲の山々への山行は、いつ行っても楽しいものである。
山遊人


    posted at 12:59 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2021年3月30日(火)

鈴鹿山系:鈴ヶ岳(1130m)

所属山岳会の支部山行で、鈴鹿北部の「鈴ヶ岳」へ山行する。
suzukitadakemap.gif
(地理院地図)

suzukitadake.png

【天気】 晴れ(黄砂飛来)


【コースタイム】
鞍掛橋手前駐車地点(8:05)~鈴北岳登山口(8:15)~鞍掛峠道分岐(9:30)~鈴北岳(10:05/10:15)~ヒルコバ(10:32)~鈴ヶ岳(10:48/11:20)~桜峠(11:45)~茶野(12:00/12:14)~送電線鉄塔(12:40/12:48)~茶野登山口(13:34)~駐車地点(14:10)



高気圧に覆われていい天気になりそうであるが、大陸から日本列島に黄砂が飛来する予報が出ている。
5人の参加者を得て、朝6時半過ぎに出発する。
R306の今冬の通行止めが、3月25日に解除されてたので、三重県側から行くか迷ったが、予定通り滋賀県側から行くことにする。
一宮ICから名神道を走り、彦根ICを出る。
R306を走って多賀大社前を通り、午前8時前に駐車予定の鞍掛橋に着く。
しかし、橋手前の駐車場は工事の車が止まっているので、少し手前の路肩に駐車する。
準備をして、8:05、鈴北岳へ向けて出発する。
IMG_5131.jpg

谷に沿った林道を10分ほど歩き、右手の注意していないと見逃してしまいそうな鈴北岳登山口から登り始める。
IMG_5132.jpg

急な尾根道を登り、2本の送電線鉄塔を通過する。
500mほど尾根道を登り、9:30、鞍掛峠から登ってくる正規の尾根道と合流する。
ここから右に折れて、一般道をゆるやかに登っていく。
IMG_5134.jpg

谷筋に少し雪の残る鈴北岳が見えてくると、最後の登りにかかる。
IMG_5135_20210331074712e4a.jpg

10:05、展望の開けた鈴北岳(1182m)山頂に着く。
IMG_5136.jpg

山頂からは御池岳方面を少し望むことが出来るが、黄砂のため周囲の視界がきかない。
ここから右に折れて鈴ヶ岳へと続く尾根道を行く。
15分ほど緩やかに下り、ヒルコバの最低鞍部を通過する。
IMG_5139_20210331074647f2f.jpg

ヒルコバから鈴ヶ岳への最後の急坂の登りにかかる。
2,3のパーティーが下ってくるのとすれ違う。
15分ほど登ると、登山道の右手に待望のフクジュソウの群落が現れ始める。
IMG_5149_20210331074605f98.jpg

ちょうど満開の時期を迎えており、足の踏み場もないほどに咲いている。
IMG_5140.jpg

太陽の光を浴びてほとんどの花が開いている。
IMG_5141.jpg

IMG_5150.jpg

蠟細工のように花弁が透き通って美しい。
IMG_5152_20210331074608af2.jpg

咲き乱れるフクジュソウの中の道を登り山頂を目指す。
IMG_5145.jpg

10:48、カルスト地形の鈴ヶ岳山頂に着く。
IMG_5147_202103311957211f6.jpg

他に誰もいない山頂で昼食を食べて休憩する。
山頂の北側斜面にも一面にフクジュソウが見られる。
IMG_5153.jpg

ゆっくりと休憩した後、11:20、茶野に向けて歩き始める。
30分ほど尾根道を緩やかに下り、11:45、送電線鉄塔の建つ桜峠を通過する。
IMG_5154_20210331200051e82.jpg

峠から岩場の道を少し登り返し、12:00、カルスト地形が広がる茶野(938m)の山頂に立つ。
IMG_5157_2021033119572036d.jpg

360度の眺望がきく山頂からは、越えてきた鈴ヶ岳や鈴北岳が黄砂に霞んで墨絵のように見えている。
IMG_5155.jpg

少し休んだ後、下山口の大君ヶ畑(おじがはた)への尾根道を下る。
15分ほどで、送電線鉄塔の建つピークに出る。
IMG_5158.jpg

そこから右に折れてトラバース道を行き、一本東の尾根に出てさらに下る。
13:34、R306沿いの大君ヶ畑の登山口に下り立つ。
IMG_5160.jpg

R306を2kmほど歩いて駐車地点に戻る。
途中では、路肩にミヤマカタバミやミツマタの花が咲いている。
IMG_5162.jpg

IMG_5163.jpg

30分少し歩き、14:10、駐車地点に戻ってくる。

帰りは、県境の鞍掛トンネルを通って三重県側へ下る。
藤原町を通り、大安ICから東海環状道に乗り、東名阪道を走って午後4時前に名古屋へ帰り解散する。



今回は、鈴ヶ岳のフクジュソウを愛でる目的で計画した山行であった。
予想がドンピシャリと当たり、ちょうど満開を迎えたフクジュソウを堪能できた。
春を告げる花の代表であるフクジュソウを今年も愛でることが出来た。
鈴鹿北部のこの辺りの山域は登山者も少なく、早春の山をのんびりと歩くことが出来た山行であった。

山遊人



    posted at 05:00 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2021年3月27日(土)

南信州:恩田大川入山(1921.6m)

南信州の岐阜、長野県境にある「恩田大川入山」へ、山仲間と山行する。
ondaookawairimap.gif
(地理院地図)

ondaookawairi.png

【天気】 晴れ


【コースタイム】
あららぎスキー場(7:35)~大川入山登山口(7:53)~尾根上(8:32)~大川入山分岐(9:57/10:10)~三階山(11:16)~恩田大川入山(11:30/11:55)~大川入山分岐(13:09)~下降点(14:10)~あららぎスキー場(14:48)



恩田大川入山は、一般登山道がなくササの藪が深くて、夏場には登ることが難しい。
ササが雪の下に隠れる残雪期にしか登ることが出来ない山である。
10年以上前に登ろうとして、雪が多くて敗退した恩田大川入山へリベンジ山行する。
今年は春になって雪解けが早く、果たして雪が残っているか心配しながらの山行である。
朝5時半ごろに出発し、中央道の園原ICを出る。
昼神温泉を通り、R153を南下し寒原峠で右折れして、旧あららぎスキー場に午前7時半前に着く。
現地の天気は、高気圧に覆われて晴れていい天気である。
残雪の状態がわからないので、一応ワカンも持参することにする。
7:35、全く雪がないスキー場ゲレンデを登って登山口を目指す。
IMG_5105_202103281630557aa.jpg

20分ほどゲレンデを登り切り、ゲレンデ左手にある大川入山登山口に着く。
IMG_5109.jpg

朝方は放射冷却で冷えたのか、足元には霜柱がすごい。
IMG_5108.jpg

登山口から沢を渡り、シラカバの林が続くゆるやかな道を行く。
IMG_5130.jpg

白樺林を過ぎてから尾根に取り付き、ジグザグの道を200mほど急登する。
IMG_5111.jpg

8:32、県境から東に延びている尾根上に出る。
ところどころ少しづつ残雪が現れ始めた尾根道を登っていく。
IMG_5112_20210328163430478.jpg

徐々に雪が増えてきて歩きにくくなり予定よりも時間がかかる。
尾根に出てから1時間半ほど歩き、9:57、大川入山への道との分岐に出る。
恩田大川入山へはさらに尾根を西に行くのだが、ここからは一般道はない。
残雪の状態をみると何とか行けそうなので、ここでアイゼンを付けてササの上を歩いていく。
IMG_5113.jpg

所々では雪がなく背丈ほどもあるササをかき分けながら登っていく箇所もある。
IMG_5115.jpg

途中のピークまで出ると、南アルプス南部の赤石岳や聖岳がよく見える。
IMG_5116.jpg

何度かピークを越えながら徐々に高度を上げていく。
IMG_5118.jpg

さらに登ると南アルプスの全山が広がっているのが見えてくる。
IMG_5120.jpg

白根三山もよく見える。
IMG_5122.jpg

よくよく目を凝らして見ると、上河内岳の右肩に富士山が頭を出しているのが見える。
(右端の木の枝の真上あたり)
IMG_5121.jpg

県境の三階山(1942m)で右折れする。
やっと恩田大川入山山頂が見えてくる。(右の山)
IMG_5123.jpg

少し下り三階山から15分ほど歩き、11:30、約4時間ほどかかってようやく四等三角点の恩田大川入山山頂に着く。
IMG_5128_20210328064301d5a.jpg

IMG_5125.jpg

木々が茂り山頂からはあまり眺望はきかない。
西の方に恵那山とその右肩には御嶽山(?)が見えている。
IMG_5126.jpg

山頂で昼食を食べて休憩する。
11:55、登ってきた道を下山にかかる。
下っていく途中で大川入山が右手に見える。
IMG_5129_2021032806430364e.jpg

大川入山分岐を過ぎて二人連れのパーティーを追い越す。
3時間弱かかり、14:48、あららぎスキー場跡に下り立つ。

日帰り温泉にも立ち寄らず、午後5時ごろ名古屋へ戻ってくる。



前回リタイヤした念願の恩田大川入山へやっと上ることが出来た。
すでにかなりササが現れ始めており、これ以上雪がなくなるともう歩くことが出来なくなる。
春の残雪はよくしまっており、アイゼンだけで歩くことが出来た。
登り4時間、下り3時間と、久し振りに歩き応えのある山行であった。
大川入山からの登山者と会っただけで、恩田大川入山への道では誰とも会うこともなく、静かな山行を楽しめた。
山遊人


    posted at 08:34 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2021年3月18日(木)

奥飛騨:福地山(1671.7m)

残雪の北アルプスを眺めたくて、山仲間3人と一緒に、奥飛騨温泉郷、福地温泉の西にある槍穂高展望台の山「福地山」へ山行する。
fukujiyamamap.gif
(地理院地図)

fukujiyama.png

【天気】 快晴無風


【コースタイム】
福地山登山口(9:00)~焼岳展望台(9:23)~尾根道分岐(10:02)~第1展望台(10:17)~憮然平(10:22)~第3展望台(10:54)~第4展展望台(11:23)~福地山(11:33/12:15)~第3展望台(12:37)~憮然平(12:52)~福地山登山口(13:50)



高気圧が移動性になって日本列島に張り出し、全国的にいい天気になりそうである。
朝6時過ぎに集合し、東海北陸道を走り、高山ICを出る。
高山市のあたりでは予想に反して山の方に雲がかかり、果たして期待していた山頂からの眺望を楽しめるのか少し心配をしながら車を走らせる。
高山市を抜け、R158を東に走って平湯峠のトンネルを抜けると、一転素晴らしい天気が広がっている。
行く手には真っ白な笠ヶ岳が聳えているのが見え期待が膨らむ。
平湯温泉で左折れし、奥飛騨温泉郷への道を走り、途中で左折れして福地温泉街へ。
午前9時前に温泉街の「昔ばなしの里」横にある駐車場に着く。
10台ちょっとは駐車出来そうな駐車場には、すでに5,6台の車が止まっている。
IMG_2667_20210319081017954.jpg

準備をして、朝市の開かれている店の前を抜けて登山口に出る。
IMG_2668_20210319081010645.jpg

IMG_2674_20210319081008425.jpg

9:00、車道を渡り、福地山登山口から階段を上って登り始める。
IMG_2676.jpg

周囲に少し雪の残る道をジグザグを切りながら緩やかに登っていく。
IMG_2677.jpg

20分少し登ると、「焼岳展望台」の四阿が立っている前を通る。
IMG_2682_20210319080911766.jpg

登山道から東を仰ぐと、温泉街の向こうに、前山を隔てて焼岳の山頂付近が姿を現し始める。
IMG_2680.jpg

「二十四曲がり」と名付けられたジグザグ道を登っていくと、道には踏み固められた残雪が現れるようになり、途中で軽アイゼンを装着する。
10時ごろ尾根コースと谷川コースの分岐に出て、登りは展望のいい尾根コースを行く。
IMG_2684_20210319080901916.jpg

しばらく登っていくと、第1展望台と名付けられた展望地に出る。
IMG_2690.jpg

一点の雲もない青空に聳え立つ残雪の槍穂高連峰が姿を現わす。
IMG_2686.jpg

IMG_2687.jpg

素晴らしい展望を前に、皆盛んにシャッターを切っている。
IMG_2688.jpg

さらに少し登り、「憮然平」と名付けられた台地上に出る。
篠原無然の「石像」が半分ほど雪に埋もれている。
無然は、大正時代に飛騨地方で活動した社会教育者である。
IMG_2692.jpg

夏場の憮然平(ぶぜんは、無然か憮然か?)


少し先で第2展望台に着くと、槍穂高が一段と大きくなってくる。
IMG_2696_202103190807584c4.jpg

さらに先でまた道は尾根コースと谷川コースとに分かれ、我々は尾根コースを行く。
IMG_2702_20210319080741723.jpg

結構急な痩せ尾根の道を登り切ると、第3展望台に出る。
ここから初めて笠ヶ岳の頭が見えてくる。
IMG_2703_20210319080728a49.jpg

さらに先の第4展望台からは焼岳がよく見える。
IMG_2708_202103190807010e0.jpg

頂上直下では乗鞍岳展望台を過ぎる。
IMG_2723_20210319080646ad3.jpg

登り始めて約2時半かかり、11:33、誰もいない福地山山頂に着く。
山頂の標識は半分以上雪の中に埋もれている。
IMG_2710_20210319080600991.jpg

槍穂高連峰を中心に、その左には鋭鋒笠ヶ岳、右にはどっしりとたたずむ焼岳と、眼前に大パノラマが広がる。
IMG_1380_2021031908062201e.jpg

独り占めの山頂で記念撮影。(いずれがアヤメかカキツバタ?)
IMG_2712_20210319080524b83.jpg

IMG_2714_20210319080525ef7.jpg

風もない暖かな山頂の雪上で昼食を食べて休憩する。
IMG_2715_20210319080527b63.jpg

眼前に広がる大展望に、いつまでも去りがたい至福のひと時を過ごす。
IMG_2717_20210319080522f2b.jpg

西方には木々越しに白山方面の山々も見える。
ゆっくりと展望を楽しんでいると、3組ほど他の登山者も登ってくる。
12:15、眺望を堪能し終え、下山にかかる。
帰りは、谷川コースを利用してのんびりと下山する。
IMG_2724_202103190804529f8.jpg

約1時間半かかり、13:50、登山口に下山する。

帰りに、比較的混んでいなかったため平湯の日帰り温泉に立ち寄り、汗を流した後帰途に着く。
東海北陸道を走り、午後7時ごろ名古屋へ帰る。



これ以上は望めないような素晴らしい晴天に恵まれて、福地山山頂からの北アルプスの大展望を堪能出来た山行であった。
山頂からの大展望に感動しながら、改めてコロナ過がどれほど我々の楽しみを奪っているのかを知らされた!
まだまだすぐに自由に活動が出来るようになる訳ではないので、感染には充分気を付けなければならない。
一日も早く「普通の日常」の生活が戻ってくるようになることを願ってやまない。
山遊人


    posted at 07:00 | 山行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ全記事表示
リンク
RSSリンクの表示