fc2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

楽しい雪山歩き!:猪臥山

2023年3月1日(水)

高山西:猪臥山(1518.8m)

奈良の「お水取り」も始まり、めっきり春めく季節となる。
登山学校OBの皆さん7人と一緒に、下見を兼ねて岐阜県高山市の西にある「猪臥山」へ山行する。
ibuseyamamap.gif
【地形図】:猪伏山(1/25000)

ibuseyama.gif

【コースタイム】
中登山口駐車場(8:29)~尾根取付き(9:03/10)~電波塔分岐(9:55)~猪伏山(10:10/40)~P1456(11:25)~彦谷登山口駐車場(13:15/25)~中登山道駐車場(13:35)


【天気】 晴れ時々曇り



高気圧が東に去り、今日は、暖かいが夕方ごろから雨の予報が出ている。
朝6時半に集合し、東海北陸道を走り、飛騨清見ICを出る。
R158から県道を10分ほど走り、午前8時15分頃猪臥山トンネル手前の中登山道駐車場に着く。
現地は良く晴れており、白く輝く猪臥山の山頂方面も見渡せる。
きれいに除雪されている広い駐車場には他の車が1台だけ駐車している。
P3010270.jpg

最近人気が出てきたのか、詳細な案内看板が設置された。
P3010269.jpg

8:29、登山道はトレースがついているが、踏み固められて滑りやすいので最初からアイゼンを付けて出発する。
P3010272.jpg

最初は彦谷に沿った緩やかな道を徐々に登っていく。
P3010273.jpg

30分少し歩き、谷を越えると、猪臥山から南に延びる尾根の取り付きに出る。
P3010275.jpg

アイゼンの爪をきかせて、250mほど急坂の続く尾根を登っていく。
P3010276.jpg

45分ほど登り、9:55、右の電波塔へと続く尾根上に出る。
P3010277.jpg

そこを左に折れて猪臥山を目指す。
青空に聳える山頂手前の急斜面を登っていく。
P3010280.jpg

最後の急斜面を登り切ると山頂はもうすぐである。
P3010282.jpg

山頂下にある猪臥神社の祠を越え、10:10、二等三角点の猪臥山山頂に立つ。
P3010286.jpg

残念ながら遠くの北アルプスや乗鞍岳方面は雲の中で見えない。
北に見えるのは金剛堂山方面か?
P3010283.jpg

南には尾根続きの電波塔のある山が近くに見える。
P3010290.jpg

山頂に着く頃から雲が出て風も強くなり始める。
寒いので風を避けて山頂直下の祠の陰で昼食を摂る。
昼食中にも2,3人の登山者が登って来る。
昼食を済ませた後、10:40、ワカンやスノーシューをつけて南西尾根を縦走して下り始める。
P3010291.jpg

P3010292.jpg

少しトレースはついているが、久し振りのワカン歩きで心が浮き立つ。
P3010293.jpg

気持ちのいい尾根を下界を見下ろながら下っていく。
P3010296.jpg

所々では雪庇がかなり張り出している。
P3010298.jpg

45分ほど下り、途中のピーク(P1456)に出る。
P3010301.jpg

ここからは西の白山方面の展望がいいのだが、今日は白山山頂方面には雲がかかっている。
P3010304.jpg

さらにいくつかの小ピークを越えて尾根道を2時間近く下る。
最後のピークを越え、左に折れて彦谷登山口へと下る。
P3010305.jpg

彦谷登山口駐車場上の伐採された斜面を下り、13:15、県道に出る。
P3010306.jpg

ここでワカン、スノーシューを外し、県道を10分ほど歩いて、13:35、車を駐めた中登山口の駐車場に戻る。
P3010307.jpg

車に乗り込み、途中温泉には立ち寄らず、飛騨清見ICから東海北陸道を走り、午後4時前に名古屋へ帰る。



今日はワカンやスノーシューをつけた雪山歩きを期待しての山行であった。
猪臥山山頂までは登山道もよく踏まれており、アイゼンだけで登った。
しかし、下山にとった南西尾根はそんなに踏まれてもおらず、何とかワカン、スノーシュー歩きが楽しめた。
山頂kらの360度の大パノラマが見えなかったのは少し残念であった。
今年は、信州方面の山は積雪が少ないが、飛騨方面の山ではもう少し雪山歩きが楽しめそうである。
猪臥山は毎年のように登っているが、割合簡単に登れて雪山を楽しめる好きな山の一つである。
山遊人

関連記事

*Comment

NoTitle 

鈴木さんと2019年3月にご一緒したのを思い出しました。あの時は、吹雪いていましたが今回は快晴でしたね。ワカン歩行を愉しんだのを思い出しました。前回企画していただいた竜ヶ岳の羊の群れを見に行く山行ですが、中止でした。鈴木さんの都合がよろしければリベンジさせていただければ嬉しく思います。
  • posted by じゃりン子チエ 
  • URL 
  • 2023.03/03 11:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

右サイドメニュー