FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

2月21日(木)

静岡市清水:浜石岳(707m)

登山教室の生徒さんたち7名と一緒に、静岡市清水区にある富士山の展望台として有名な浜石岳へ山行する。
hamaishimap.gif

【天気】 薄曇り
SPAS_COLOR_201902210000.png

【コースタイム】
三本松駐車場(9:35)~野外センター(9:45/9:57)~薩埵峠分岐(10:21)~浜石岳(10:40/11:35)~薩埵峠分岐(11:47)~野外センター(12:07)~三本松駐車場(12:15)



今日は高気圧が張り出し晴天になりそうで富士山の雄姿を期待しての山行である。
朝6時半過ぎレンタカーで名古屋を出発し、新東名を走り清水ICを出る。
R1を走り、由比の街から西山寺コースの林道を上がる。
東の空には雲がかかっており富士山を見ることが出来るのか不安である。
午前9時半ごろ三本松駐車場に着く。
1台だけ先客の車がとまっている。
仕度をして、9:35、浜石岳への登山道を歩き始める。
IMG_2006_20190222071642fe8.jpg

10分ぐらいで野外センターに出る。
少し先の展望台へ行くも富士山は雲に隠れて全く見えない。
駿河湾方面の海が鈍く光って見える。
IMG_2011_2019022207164361d.jpg

野外センターからは、浜石岳山腹の杉林の道を登っていく。
IMG_2012_2019022207164508f.jpg

10:40、浜石岳山頂に着く。
やはり富士山は裾野が見えるだけで山頂方面は雲の中に隠れている。
北東方面の南アルプスの峰々は白く輝いている。
特徴的な北岳の姿が美しい。
IMG_2023_20190222071627d9d.jpg

他に誰もいない山頂のベンチで富士山の雲が切れるのを待つことにする。
IMG_2024.jpg

太平洋に面した清水港方面が俯瞰できる。
IMG_2025_20190222071630ab8.jpg

少し待っていると、徐々に雲が上がりだし、雲の上から雪を被った白い山頂の一部が姿を現す。
IMG_2020.jpg

IMG_2021_20190222071625fd7.jpg

富士山が全容を現すかと期待して待っていたが、雲はなかなか取れない。
食事をしながら1時間ほどいたが、11:35、諦めて下山にかかる。
下山する前に全員で記念撮影をする。
IMG_2029.jpg

40分ほどで下山し、今日のもう一つの目的である由比の街にある名物の「桜エビ」の店に車で行く。
今年は桜エビの生育が不良で、漁を自粛しているということである。
この店では一人1枚に限り桜エビのかき揚げを食べることが出来る。
桜エビとシラスのかき揚げや、かき揚げ丼とざるそばなどを注文する。
さすが本場のかき揚げはサクサクとして美味である。
IMG_5697.jpg

食事を堪能した後、帰りに東海道の富士山の絶景ポイント「薩埵峠」に立ち寄る。
しかし、ここでも富士山の姿は見ることが出来ない。
IMG_5698.jpg

清水ICから東名道を走り、午後5時過ぎ名古屋へ帰る。



今年は元旦にも登った浜石岳への山行であった。
今回は姿を見ることが出来るのでは?と期待して出かけた山行であった。
しかし、富士山のあたりは雲がなかなか取れず雄姿を拝むことが出来ず残念であった。
下りてきてから食べた桜エビの味は最高であった。
最近は、その土地の名物を味わいながらの山行が多くなった。
山遊人


    posted at 10:22 | 山行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ全記事表示
リンク
小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示