2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
春近し南信州の山:高嶺
2017/03/20(Mon)
3月19日(日)

南信州:高嶺(1599m)・長者峰(1574m)

山仲間2人と一緒に、南信州平谷村にある高嶺(たかね)へ山行する。
takanemap.jpg

takane.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
信州平谷道の駅(8:55)→登山口(9:05)→車道出合(10:00)→長者峰(10:45/10:50)→高嶺(11:15/12:00)→車道出合(12:43/12:50)→信州平谷道の駅(13:28)



春の彼岸に入り、春本番のような暖かな日である。
朝6時過ぎに集合し、中央道の恵那ICを出て、岩村町を抜け、上矢作を通って、R418を走る。
午前8時半ごろ信州平谷の道の駅に着く。
駐車場で豊橋からくる仲間を待ち、9時前に合流する。
8:55、柳川の橋を渡り、諏訪神社前を右折れして川に沿った道を歩く。
DSC06411.jpg

10分ほどで道標の建つ高嶺登山口に着く。
DSC06413.jpg

10分ほど谷に沿った林道を行き、右の谷に掛けられた橋を渡り登山道を登り始める。
DSC06414.jpg

スギ林の中のジグザグ道を登っていく。
雑木林の尾根に出ると眼下に平谷スキー場方面が見える。
DSC06416.jpg

カラマツ林の中の急坂を登り、10:00、まだ雪の残る車道を横切る。
登るにつれ道には徐々に残雪が現れ始める。
DSC06418.jpg

少し登ったところに、「高嶺のブーナス」と名付けられたブナの大木が現れる。
DSC06419.jpg

存在感のある素晴らしいブナの古木である。
DSC06421.jpg

さらに2度ほど車道を横切って登っていく。
DSC06424.jpg

クマザサの中の急登を登り切り、やっと避難小屋がある長者峰の駐車場に出る。
DSC06427.jpg

小屋の中はとてもきれいで板の間も設置されている。
夏になると星座の観測などに利用されているのかもしれない。
DSC06426.jpg

駐車場から北を望むと、目の前に姿のいい大川入山(右)と恩田大川入山が聳えている。
DSC06429.jpg

少し上の長者峰山頂へ行く。
DSC06435.jpg

東には先日登った蛇峠山の電波塔群が見えている。
DSC06436.jpg

山頂には、周囲がガラス張りのきれいな展望室が設置されている。
DSC06432.jpg

山頂を後に、雪の残る林道を歩いて高嶺を目指す。
途中高嶺から降りてきた3人連れのパーティーとすれ違う。
15分ほど行くと、カラマツとシラカバの木が林立する高嶺の山頂が見えてくる。
DSC06439.jpg

林道を巻く道と、直登する道が分かれるが、我々は直登の道を5分ほど登り、11:45、高嶺の山頂に立つ。
DSC06442.jpg

澄んだ日ならば、南アルプスなどが見られるのであろうが、今日は空気が霞んで見ることができない。
奥矢作や茶臼山方面が霞んで見えるだけである。
風もなく暖かな山頂のベンチでゆっくりと昼食を食べて過ごす。
DSC06449.jpg

あまり暖かいので、いつまでも居たい気分である。
DSC06448.jpg

30分以上もボ~と過ごし、12:00、登ってきた道を下山にかかる。
ほとんど休まずに下り、午後1時半ごろ、3連休でたくさんの車でにぎわう道の駅に戻る。
DSC06451.jpg

道の駅には日帰り温泉「ひまわりの湯」が併設されているので、気持ちのいい湯にゆったりと浸り疲れを癒す。
帰りは、昼神温泉を通り園原ICから中央道に乗り、午後5時前に名古屋へ帰る。



高嶺は以前から一度登ってみたいと思っていてなかなかいくことが出来なかった山である。
長者峰まで車道が通じていて、夏場はあまり登る気にはなれないが、林道が閉鎖される冬場は、スノーシューなどで遊びに行くにはいい山である。
山遊人


この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ